ページ本文

関財・女性活躍推進フォーラムを開催しました

 関東財務局では、管内の信用金庫、関東経済産業局及び当局の職員を対象に、女性職員がより活き活きとその能力を発揮しビジネスライフを充実していけるよう、そしてそれぞれの組織が一層活性化するよう、組織の枠を超えて互いに啓発し合うことを目的として、今般、「関財・女性活躍推進フォーラム」を開催しました。(参加人数244名(うち女性165名))

1.日 時 平成28年5月30日(月)15:00~17:45
2.会 場 さいたま新都心合同庁舎1号館 2階講堂
3.参加者 管内信用金庫、関東経済産業局及び関東財務局の職員
4.基調講演
「仕事力を高めて仕事も人生も豊かにする!5つの法則」~魅力あるビジネスウーマンに向けて~
 講師:(株)プラウド 代表取締役社長 山本幸美 氏

山本幸美氏による講演

会場の模様

 (講演概要)
 法則その1:仕事力を高めることが女性の人生そのものを豊かにする/法則その2:コミュニケーションを変えれば仕事や人生が変わる/法則その3:「フォロワーシップ力」「サーバントリーダーシップ力」を身につけると未来が開けてくる/法則その4:女性が幸せに働き続けるために大切なこと/法則その5:自身を成長させる目標設定の仕方

5.パネルディスカッション
 「女性活躍向上に向けたトークセッション」 ~女性活躍の現状・課題・改善案について語り合おう~
  パネリスト:
 山本幸美 氏((株)プラウド 代表取締役社長)
 佐々木直子 氏(埼玉県 産業労働部ウーマノミクス課副課長)
 渡辺理香 氏(関東経済産業局 地域経済部産業人材政策課長)
 山口和子 氏(埼玉縣信用金庫 越生支店長)
 大島真代 氏(東京東信用金庫 人事部部長)
 安田三千代 氏(城南信用金庫 執行役員お客様応援部長)
 中村佳子(関東財務局 甲府財務事務所長)
  コーディネーター:川瀬 透(関東財務局 総務部長)

会場の模様

パネルディスカッション

 論点1:女性活躍の現状と課題について
 (主な意見)
 ・行政機関、金融機関ともに出産・育児のための諸制度は充実している。
 女性職員に制度が浸透し活用されているのに対し、男性職員による育児休業の取得が課題。
 ・女性職員の職域拡大は進んできており、今後、管理職への登用拡大も見込まれる。
 論点2:キャリア形成について
 (主な意見)
 ・リーダーとなってみて、率先垂範することの大変さと大切さを知った。
 ・女性職員であっても、いろいろな業務を経験できる仕組みが重要。
 一方、リーダーというものは下から皆を支えればよいと考えれば、経験していない業務はネックにならない。
 ・周囲への感謝の気持ちが好循環を生み出す。
 論点3:女性職員の活躍に向けての提言
 (主な意見)
 ・信用金庫は女性にとって働き易く能力を発揮できる職場。
 女性ならではの良さを生かしてスキルアップを図ってほしい。
 ・女性活躍は議論の段階から行動の段階に入っている。まずは取り組むこと。
 ・変化を楽しむ気持ちで業務に取り組んでいきたい。
 ・無理に意識を変えるのではなく、目の前のことを一生懸命やることが大切。
詳細は下記PDFファイルをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader