ページ本文

特定任期付職員(公認会計士:証券監査官)の募集について

財務省関東財務局では、以下の業務に従事する公認会計士を募集しております。

◎募集要項

1.募集人員、募集番号及び主な業務内容

証券監査官 1名 [募集番号:29-証監-2]
・有価証券報告書等開示書類の受理・審査
・会計処理上の解釈に関する指導・助言
・監査官等への職場研修、監査官の能力向上に向けての指導

2.資格等

公認会計士
ただし、以下に該当する方は、応募できませんのでご了承下さい。
(1) 日本国籍を有しない者
(2) 国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者
・成年被後見人又は被保佐人
・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
・懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から二年を経過しない者
・日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

3.採用形態

一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第125号)に基づく常勤の国家公務員として採用。
※国家公務員法に基づく守秘義務や兼職制限等が適用されます。

4.給与

基本給:「一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律」に基づき支給
     (公認会計士としての業務経験等に応じて決定します。)
諸手当:地域手当、通勤手当、期末手当
     (扶養手当、住居手当、超過勤務手当、勤勉手当などは支給されません。)
 

5.勤務地

関東財務局(埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1さいたま新都心合同庁舎1号館)

6.雇用期間

平成29年9月1日から原則として2年間

7.勤務時間

原則として9時00分~17時45分(週5日、土日祝日及び年末年始を除く)

8.具体的な業務内容等

統括証券監査官部門では、公益又は投資者保護を図ることを目的として、金融商品取引法に規定する有価証券報告書等の各種開示書類の受理・審査等を行っている。
受理・審査等の対象項目は、連結財務諸表等の財務情報のほか、事業の状況や提出会社の状況に係る記載等の非財務情報や内部統制報告書など、広範囲にわたっている。
受理・審査等の結果、開示書類に問題点が認められた場合には、提出者に対し、訂正を慫慂するなどの対応を行う必要があるが、その際に、提出者等との間で財務情報に関する議論が惹起されることが想定される。
これらに対応するため、当局において公認会計士を採用するものであり、採用となった公認会計士は、具体的には以下のような業務を担当することになる。
・有価証券報告書等開示書類の受理、審査の準備作業及び実施、結果報告等作成
・証券監査官等への個別事案に対する会計的見地からの指導・助言及び職場研修等証券監査官の能力向上に向けての指導

◎応募方法等

1.応募方法

本ホームページから所定の履歴書をダウンロードし、通常の記載事項に加えて、応募条件に対応する資格・業務経験(職務経歴)等、勤務開始可能時期、勤務可能期間を適宜記入のうえ、下記の宛先までご郵送下さい。
※記載内容が本様式の各欄に収まらない場合は、別紙(A4版用紙に限る)に記載のうえ添付願います。
※募集番号は必ず記載して下さい。
※応募期限:当面の間
  ただし、募集人員に達した時点で応募受付を終了する場合がありますので、予めご了承下さい。

2.試験等

書類選考後、面接試験を実施のうえ、合否を決定します。
書類選考合格者には、面接日等を個別に通知します。

3.個人情報の取扱い

応募の秘密については厳守いたします。
※ご提出いただいた履歴書等の個人情報は、採用活動を目的に利用するものとし、その管理は「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に基づき、適切に行います。

4.詳細につきましては、下記までご照会下さい。

照会先(宛先)
〒330-9716
埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東財務局 総務部 人事課 試験係(服部、見留)
電話 048-614-5538(ダイヤルイン)

 ※メールでの照会の場合には、表題に「特定任期付職員採用照会」と明記して下さい。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader