ページ本文

大東京信用組合と北部信用組合の合併に関する基本合意について

<関東財務局長談話>

平成26年12月24日
関東財務局

大東京信用組合と北部信用組合の合併に関する基本合意について

1.本日、大東京信用組合と北部信用組合から、「平成27年12月を目途に、合併することで基本合意した」旨の報告を受けた。
 
2.大東京信用組合は都内一円、北部信用組合は荒川区および台東区、足立区を中心とした営業地盤とし、永年にわたりそれぞれの営業地区において、地域の中小企業・小規模事業者や個人への円滑な資金供給、金融サービスの提供を通じて地域経済の発展に貢献してきたところである。
 
3.両信用組合からは、「今回の合併は単なる規模の拡大を求めるものではなく、合併することにより、これまで培ってきたお互いの信用組合としての特性を活かし、より一層の円滑な資金供給と金融仲介機能を発揮し、地域経済の活性化と地域社会の発展、組合員を始めとするお客さまへの利便性の向上に資するものとの共通の認識に至りました」と聞いている。
 
4.当局としては、両信用組合の将来を見据えての経営判断を高く評価するとともに、当該合併により、経営基盤の強化を図り、地域における中小企業・小規模事業者等に対する、より一層の円滑な資金供給とこれまでにも増した金融サービスの提供等利用者利便の向上を図ることにより、更なる地域経済の発展に貢献することを期待したい。

 

本ページに関するお問い合わせ先

関東財務局
理財部 金融監督第3課
TEL 048-600-1254
東京財務事務所 理財第2課
TEL 03-5842-7017

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader