ページ本文

No.11 KANTO金融サービスinfo H27.2.27

(1)保険契約について
保険には多様な商品が存在し、また、商品内容が複雑であるなど、利用者の方々が容易に理解できない場合もあります。
ご自身がどのような保険商品を必要としているのか検討して、商品等の基本的な事項について理解し、契約内容をよく確認したうえで購入してください。
◆保険を契約する際にご注意いただきたいこと
1.重要な事項を確認する。
2.告知事項を正しく記入する。
3.契約内容を確認する。
4.領収証・保険証券を確認する。

(2)「保険金が使える」と勧誘する修理業者との間でのトラブルが増加!
住宅修理業者から勧誘されたときは、必ず工事の契約前に、火災保険等に加入している損害保険会社や損害保険会社代理店に相談してください。
◆主なトラブルの例
1.自己負担ゼロを強調
2.強引な工事契約
3.うその理由で請求

(3)改正保険業法に係る政府令等への意見募集
金融庁では、平成26年改正保険業法(2年以内施行)に係る政令・内閣府令・監督指針の改正案を取りまとめ、2月18日に公表しました。この改正案に対するご意見を募集(3月19日まで)しております。

詳細はこちらをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader