ページ本文

神奈川県分の経済情勢報告(令和3年4月判断)

横浜財務事務所は、神奈川県分の経済情勢報告(令和3年4月判断)を公表しました。
報告の概要は以下のとおりです。

1.総括判断

新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるなか、一部に弱さがみられるものの、緩やかな持ち直しの動きが続いている。    
先行きについては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策を講じるなかで、各種政策効果等もあって、持ち直しに向かうことが期待される。ただし、感染症拡大が県内経済を下振れさせるリスクに加え、半導体不足が生産活動に与える影響に注意する必要がある。

   

2.各項目の判断

詳細は下記PDFファイルをご覧ください。
令和3年4月(PDF形式:827KB)

 

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader